ニキビ跡を治す期間

ニキビ跡を治す期間とニキビの種類について

ニキビ跡とは、ニキビができた後に、赤く色素沈着したり、肌の表面がクレーターのようにでこぼこのような状態になってしまう状態のことです。

 

ニキビは一般的に顔にできやすく、ニキビ跡になる原因はニキビを自分で無理につぶしたりすることで、更に炎症を起こして跡が残ってしまうケースが多いです。又、ニキビは同じ部分にできやすく、繰り返しできるとその部位の皮膚の奥の組織が壊されるなどして結果的にニキ跡となってしまいます。

 

ニキビ跡は赤く残ってしまっただけなら比較的早く治りますが、それでも数週間はかかることがあります。
この赤いニキビ跡を法放置しておくと紫外線などを浴びて色素沈着がおこりやすくなります。色素沈着を起こして茶色いシミのようになったしまうとさらに治るまでの期間が長引きます。

 

これとは別に、ニキビができたときに酷く悪化してしまうと皮膚組織がえぐれたようなクレーター状のニキビ跡になってしまうことがあります。このようなクレーター状のニキビ跡は最悪の場合数年もそのまま残ってしまうことがあります。
あまりに深いニキビ跡の場合は美容皮膚科で治療をしたほうが早く治るケースが多いようです。

 

 

ニキビには種類もあり、段階や程度によっていくつかの種類に分かれています。
白ニキビという初期段階、赤ニキビという皮脂の過剰分泌による炎症を起こすもの、黄ニキビという赤ニキビが更に悪化して膿を持つ最終段階のもの、そして黒ニキビといわれる皮脂などが酸化して毛穴に黒くぽつぽつ見えるような状態のものがあります。

 

初期の白ニキビといわれる段階のものであればあるほど、治る期間も短くて済みます。
放っておくと、だんだんと段階を踏んでひどくなっていきます。特に赤ニキビから黄ニキビへは油断しているとあっと間に変化します。

 

黄ニキビのように膿を持つニキビができてしまうと、自分でつぶさなくても勝手につぶれているケースも多く、跡になる最大の敵です。黄ニキビになる前に早期治療が大切です。ニキビの膿や炎症、傷ついた肌を改善するにはかなりの期間がかかります。

 

ニキビは、日常的なものとして捉えられている為、病気という認識が浅い傾向がありますが、れっきとした病気です。早く治すためにも、早い段階で皮膚科に受診することが、ニキビ跡が残るかどうかのカギを握ることになります。治療には厚生物質や、塗り薬、ビタミン剤が用いられます。又、洗顔など肌改善を行うことを大切です。

 

ニキビ跡はできないように予防するに越したことはないです。しかし、できてしまったものは治療期間は長引くかもしれませんが、焦らず根気強く向き合うことが完治への近道です。

 

顔のたるみを取る