ニキビ跡を治す

ニキビ跡を治すことについて

ニキビは世の中の多くの人たちを悩ませる炎症です。
青春のシンボルなどとも言われることがありますが、中高生頃に発症するニキビは別名「思春期ニキビ」とも言われ、身体の発育と共に急激に変化していく成長ホルモンの動きによって皮膚表面に大量の皮脂が分泌されることによって、それらが古い角質などと共に毛穴を詰まらせ、さらにそこにアクネ菌が増殖することによって発症してしまいます。

 

これに対して成人してからのニキビを「大人ニキビ」と呼びます。
これは思春期ニキビに比べて更に原因が複雑に絡まり合って起こるもので、ホルモンの乱れ、ストレスや疲れ、生活習慣、身体の不調などが同様の皮脂の分泌を引き起こして発症してしまいます。

 

 

こうしてできたニキビは、ようやく腫れが収まって完治したかと思いきや、再びその土壌から同様のニキビが発症したり、あるいはニキビ跡がデコボコした状態のままずっと遺ってしまったりと、いつまで経っても居残ってしまうことがあります。
そうした時にはこれらのニキビ跡を治す努力が必要となります。

 

まず気に留めておきたいのは、一度ニキビが出来てしまうと、ニキビ跡の状態であってもしばらくは再発しやすい環境が遺っているということです。
それゆえニキビ跡は決して乾燥させないように常に化粧水や水分のスプレーなどで潤した状態にしておくことが大切です。

 

そしてなかなかニキビ跡のデコボコが改善されない時には一度、皮膚科や美容クリニックを受診してみると良いでしょう。
この場合、皮膚が新陳代謝能力を失ってしまっている可能性があります。

 

そこで、特別な薬品を肌に塗って表皮を薄く剥がすピーリングという施術を行ったり、あるいはレーザー治療で表皮を薄く焼いて傷をつけることによって、そこから皮膚が新たに生え変わっていく力を引き出してやるという手法があります。

 

 

また、もちろんこれらの医療機関ではビタミンなどの飲み薬を服用したり、あるいはニキビやニキビ跡の改善に有効な軟膏などを処方してくれるので、これらを効果的に使うことによっていち早く完治してしまえることでしょう。

 

ニキビ跡を治すために取り入れたいスキンケアについて
ニキビ跡 - (ニキビ跡を治す方法についての参考サイト)

 

ニキビ跡ができないように予防することがとても大切

ニキビ跡はニキビが悪化することでより酷い状態になってしまいます。まずはニキビができないように予防することと、できてしまった場合も正しい方法で早めにニキビを治すことが大切です。ニキビ予防とニキビができてしまったら・・